始まりの景色

 
 
 
昨日 12/27で 父が亡くなってから1年が経ちました。
 
 
 
 
 
 
そんな時ではありましたが
 
 
 
私は単身、横浜から新潟へ 仕事の打ち合わせの為、行っておりました。
 
 
 
 
 
 
dairoku 2015 12 niigata
 
 
燕三条駅近くのホテルから眺め
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
27日の当日は、弘前に向けて 日本海側の道路を北上。
 
 
 
 
 
dairoku 2015 12 nihonkai 4
 
 
荒れる日本海を眺めながら
 
 
 
1年前のことを想う。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あの時は まさかこうなるなんて思ってもなかったよ。
 
 
 
 
 
 
 
親父がこの世から いなくなるなんてこと
 
 
 
想像できなかった。
 
 
 
 
 
 
 
皆にとってあまりに大きな存在の人だったから。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いまこうして 車を走らせながら思うんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家族を連れて、納品がてらいろんなとこに連れて行ってくれた あの時。
 
 
 
 
 
 
わからない道を 手探りながら 車を走らせて、
 
 
 
お客様の元を目指した1人きりのあの時は 不安だったよね。
 
 
 
 
今みたいにカーナビのある便利な時代じゃなかったし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車の中には沢山の想いがあって
 
 
 
 
 
そうやって商売して メシを食わせてくれた
 
 
 
 
俺たち兄弟を大きくしてくれたんだよな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今になってわかる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分が先に逝ってしまうって思った あん時はどんな思いだった?
 
 
 
 
 
 
自分がこの世からいなくなる あん時は どんな思いだった?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなこと 計り知れないのに
 
 
 
 
 
 
 
ごめんな。親父。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
無事、弘前に戻って
 
 
 
 
 
今日は雪掻き。
 
 
 
 
dairoku 2015 12 雪 清水森
 
 
静かな工房庫で『ただいまー!』って叫んでみる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2015 12 yuki
 
 
 
 
 
 
今こうして、仕事してるよ。
 
 
 
 
 
っていうか お陰様で出来てる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来年もいい年なりそうだよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
家族 皆、元気でいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この仕事に巡り合わせてくれて ありがとうな、親父。
 
 
 

| コメント/トラックバック(0) |

No comments yet.

Leave a comment

最近のコメント