日はまた昇る

 
 
津軽森 つがるもり 2013
 
昨日、無事終了しました。
 
 
何よりも お天気に恵まれ
 
初回にも関わらず、たくさんのお客様にご来場いただいたこと
 
本当に、感謝致しております。
 
 
皆様、ありがとうございました!
 
 
 
今日は、昨日撮影した『津軽森』の風景をご覧いただきたいと思います。
 
 
 
ではでは・・・
 
 
 
ようこそ、津軽森 へ
 
 

 
 
風に揺らめいて
 
 

 
子供も駆け回りたくなる(写真:息子)
 
 
 

 
芝生の上だからお尻にも優しい。
 
 
 

 
DAIROKUのお店はこの大きな楢の木の下にあります。

 
 
 

 
いつもの店構え

 
 
 

 
 
持って来た子供イスで遊んでみる
 
テーマは「第一回 子供サミットin 津軽森」
 
 
 
 

 
 
受付にも書家の伊藤康子さん作で、、
 
 

 
こんなに楽しい文字が並びました。
 
 
 

 
 
記念手ぬぐいの販売もしています。
 
 
 
 

 
 

 
 
普段は静かな さくらばやしも、こんなに賑やかになるなんて
 
 

 
 
坂道ばかりで上り下りは大変だけど
 
 

 
 

 
 
新鮮な空気と
 
 

 
 
 
肌に届く優しい木漏れ日は
 
 

 
 

 
 
 
会話も自然に弾む
 
 

 
 
きっと皆、こんな景色を思い描いていたんだ。
 
 
 
 
 

 
ワークショップの『こども手持ち扇ねぷたづくり』
 
みんな頑張ってるじゃん!
 
 
 
 
 

 
 
日は沈み
 
 

 
 
気がつけば、片付けが始まって
 
帰る時間となりました。
 
 
 
 
この二日間、岩木山の麓で開催された 津軽森
 
感じていることは、
 
岩木山が大きな腕で包んでくれた
 
見守ってくれたって、そう感じています。
 
 
 

 
 
ありがとう、岩木山
 
 
 
 
 
家に帰って、子供が作ったねぷたに 灯を入れてみる
 
 

 

ムスメ作の つがるもりの天使と
 
 

 
ムスコ作の 雨の目玉親父
 
 
 
 
 
来年もまた、つがるもり 開催できますように。
 
実行委員会、皆で力を合わせて進んでいきます!
 
 
 
みなさんに、心から
 
ありがとう。
 
 
 

| コメント/トラックバック(0) |

No comments yet.

Leave a comment

最近のコメント