旅立ち

 
 
 
ご報告
 
 
 
12月27日、かねてより 病気療養中の 父 大湯浩之が59歳で永眠致しました。
 
 
 
 
 
約3年前に胃癌を患い、胃の全摘出手術をし
 
 
その後 元気な親父に戻りましたが、
 
 
 
今年8月、癌の再発が見つかり 治療しておりました。
 
 
 
 
 
とてつもなくパワフルでエネルギッシュな父
 
 
懸命に生きぬきました。
 
 
 
 
 
心に思い、皆様にもお伝えしたいことは山ほどありますが
 
 
多く語らず、ご報告させていただきます。
 
 
 
 
 
 
最後の最後まで、親父として 師匠として
 
 
私に 多くのことを教えてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
 
 
 
父が残してくれた 多くのものに
 
 
 
そして、
 
 
何よりも 人と人との繋がり
 
 
 
これを大切に受け取り、精一杯頑張って行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親父、あとは任せろ!
 
 
 
 
 
 
 
新たな種、俺なりに蒔いてDAIROKUを築いていくよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
今まで 本当にお疲れ様。
 
 
 
 
 
 
親父の技は、俺の手の中に残っているから。
 
 
 
 
 
ゆっくり休んでください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DAIROKU   大湯 浩之
(撮影 : 2014,7,3 )
 
 
 
 
 
 
以上、ご報告でした。
 
 
 

Last Christmas ,

 
 
 
クリスマスも終わり、今年も残すところ あと数日となりました。
 
 
 
dairoku清水森工房庫 2014 12
 
 
こちら弘前でも雪はたっぷりと積もっております。
 
 
dairoku 清水森工房庫 2014 12
 
 
 
 
 
 
 
12月23日に、今年最後の納品に行ってきました。
 
 
dairoku ダイニングテーブル
 
 
存在感と重厚感がある、とっても大きな栓(セン)のダイニングテーブルです。
 
 
脚には栓と楡(ニレ)を使用しています。
 
 
 
dairoki ダイニングテーブル
 
 
私がこの仕事を始める前に、既に父が納品していた椅子たち(三脚)。
 
 
大切に たっぷりの愛情を注がれて、使われていました。
 
 
 
dairoku ダイニングテーブル
 
 
新たな作品と、見事に共演することが出来ました。
 
 
新旧 DAIROKUの合作です。
 
 
 
これからも、ずっと 永く使ってあげて下さい。
 
 
そして、その家庭の色と歴史を刻んでいって下さい。
 
 
 
 
今回の受注制作、私にとって 素晴らしい贈り物をいただきました。
 
 
ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
お客様お手製のクリスマスのパン。
 
 
dairoku クリスマス
 
 
ナッツとドライフルーツ、こちらも見事な共演でした。
 
 
ごちそうさまです!
 
 
 

Holiday Sweet Calender

 
 
 
子供も大人も 待ち遠しいクリスマス。
 
 
お客様から届いた アドベントカレンダー。
 
 
dairoku クリスマス
 
 
12/25まで、毎日その日の窓をあけていきます。
 
 
 
 
 
dairoku クリスマス
 
 
我が家ではこのカレンダーの虜になってしまい、
 
 
今朝も長男が、早速 窓をあけていました。
 
 
dairoku クリスマス
 
 
中にはお菓子が二つずつ入っています。
 
 
ケンカをしないようにっていう、この気遣いが嬉しいですね。
 
 
 
それでも、誰が窓を開けるかっていう
 
 
私が僕が!って ケンカもあったり。
 
 
仲良くしないとサンタさんは来ないよって なだめています。
 
 
 
微笑ましいケンカだね。
 
 
 
 
こんなにも心がホッコリする 素敵な贈りもの、
 
 
私もいつか誰かに贈ってみたいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、最近のDAIROKUは…
 
 
 
12月納品のオーダー家具を制作中です。
 
 
 
クリスマス迄には、納品!
 
 
を目指し、頑張ります!
 
 
 

林檎

 
 
 
2014年も 残りあと1ヶ月
 
 
DAIROKUでも恒例の暮れのご挨拶の準備です。
 
 
 
 
 
dairoku apple りんご
 
今年もおいしい林檎たち。
 
 
 
 
 
だいろくりんご
 
 
それぞれの家庭へ・・・
 
 
行ってらっしゃい!!
 
 
 

三溪園 『霜月 手の仕事展』

 
 
 
11/27〜11/29迄の展示会を終え、
 
 
昨夜、無事弘前に帰って参りました。
 
 
 
 
『霜月 手の仕事展』
 
 
会場となるのは 横浜市、三溪園。
 
 
もみじも色鮮やかに染まる季節の中、開催です。
 
 
dairoku 三渓園
 
 
dairoku 三渓園
 
 
 
 
 
 
DAIROKUの展示はこのようになりました。
 
 
dairoku Yokohama 三渓園
 
外の自然光がたっぷりと入る窓辺
 
 
dairoku 三渓園
 
 
とても気持ちの良い場所で展示させていただきました。
 
 
dairoku 三渓園
 
 
 
 
 
 
三溪園という場所は、門を潜ると 外とは全くの別世界が広がっています。
 
 
だいろく 三渓園
 
 
だいろく 三渓園
 
 
展示会が始まる前に朝の30分程、園内を散策。
 
 
だいろく 三渓園
 
 
息を飲む美しさが そこにはありました。
 
 
だいろく 三渓園
 
 
今度はゆっくりと時間をかけて散歩してみたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
だいろく りんご
 
 
この度の『霜月 手の仕事展』に参加させていただき
 
 
大変多くのことを学ばせていただきました。
 
 
また、たくさんの作家さんとお客様に出会うことができました。
 
 
 
 
関係者の方々には深く感謝致します。
 
 
この場を借りて、御礼を申し上げます。
 
 
本当にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
いつもは、東京での催事の際には 父と二人で行くのが当たり前でしたが
 
 
今回は私が 嫁と子供たちを連れての初の仕事。
 
 
初の首都高運転も無事クリアし、弘前に帰ってくることができました。
 
 
これからは、俺がしっかり頑張っていきます!
 
 
 
 
 
 
最後に、、
 
 
dairoku yokohama
 
 
せっかく行った嫁の故郷でもある横浜、1日だけ楽しみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku クロワッサン
 
 
東京に住む従姉妹からの差し入れ
 
話題の「クロワッサン鯛焼き」は
 
 
めちゃうまでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘前に戻って、一夜明け
 
dairoku fuyu 2014
 
 
今朝 起きたら一面、銀世界に変わっていました。
 
 
 
 
明日からまた制作に励みます!