手前味噌ながら、、まずは味噌汁からでしょう

早くも10月も終盤
 
 
 
最近は来月の展示会に向けての制作を頑張っています。
 
 
 
毎度のことながら、ギリギリになると
 
 
 
あれも作りたいこれも作りたいという 欲が出てしまい・・・
 
 
 
バタバタと動いてます。
 
 
 
 
 
 
その来月開催の三人展のDMが出来上がってきました。
 
 
 
dairoku 2018 10 dm
 
 
 
dairoku 2018 10 dm ura
 
 
 
冬の舎(ふゆのいえ)というタイトルの展示会です。
 
 
 
 
 
 
ー 霜月、そろそろ里でも初雪の便りが聞こえ始めてくる時期
 
 
山の中にある隠れ家では長い冬を迎えるための準備が進んでいた ー
 
 
 
 
 
 
 
会場の藤田記念庭園にある考古館(匠館)ギャラリー内は入場無料です。
 
 
 
皆様、是非気軽に遊びにいらしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから、お気づきの方もいらっしゃると思いますが
 
 
 
9月に入って、DAIROKU のホームページがリニューアルしました。
 
 
 
スマートフォンからも より見やすいページになっております。
 
 
 
以前のスタイルも気に入っておりますが、新バージョンのホームページ
 
 
 
これもとっても気に入っております。
 
 
 
DAIROKUがお世話になっている→〝ヒビキプラン〟さん
 
 
 
ほんわかした感じの優しいサイトを作ってくれますよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日、しじみ漁師をされているお客様が遊びにいらしてくれて
(以前の記事はこちら→十三湖のしじみ漁師さん )
 
 
 
お土産にしじみ貝をいただきました。
 
 
 
 
 
早速、砂抜きして晩御飯でいただきました。
 
 
 
とにもかくにも、まずは味噌汁でしょう!
 
 
 
つやつやの新米と一緒にいただきました。
 
 
 
dairoku 2018 10 sijimi miso
 
 
大粒でほんっと濃厚!!
 
 
 
美味すぎるよ、これ。
 
 
 
 
次はどうやって食べようかな。
 
 
 
 
 
ありがとう。そして、ご馳走様でした!!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

展示会のお知らせ

『冬の舎 ふゆのいえ』
陶 中村佳世子 / 漆 小松阿維 / 木 大湯建太郎
日時 : 11/16(金)〜11/23(金祝) 10:00〜16:00 最終日15:00まで
場所 : 藤田記念庭園内 考古館2階ギャラリー(匠館)
住所 : 青森県弘前市上白銀町8-1

コメント/トラックバック(0) |

建太郎流 HIROSAKI tour 2018 〜autumn〜

早くも10月。
 
 
 
黄金色が眩しい季節、あちらこちらで稲刈りも始まっています。
 
 
 
 
9月末の先日、東京よりお客様が工房を訪ねてくれました。
 
 
 
今回のお客様は私よりも若いご夫婦です。出会いは、5月の新宿伊勢丹での催事
 
 
 
拭き漆仕上げのブナの角プレートがご縁で出会いました。
 
 
 
 
その時に『秋頃 青森旅を予定してて・・』というお話をされていたので
 
 
 
「その際は是非、弘前の工房にお立ち寄りください!」という話をしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
時は過ぎ、秋。
 
 
 
『弘前に行きます!』というご連絡をいただきました。
 
 
 
本当にいらしていただけるなんて !?
 
 
 
 
この前の若者たちに引き続き、
 
 
 
これはもう、私流おもてなし 始動です。
 
 
 
 
 
 
ということで、秋の弘前巡り 第2弾 スタート!
 
 
 
 
 
 
 
まずは清水森工房庫へご案内。
 
 
dairoku 2018 9 shimizumori koubouko
 
 
 
 
 
 
 
その後、工房庫のお隣の林檎園で写真撮影
 
 
 dairoku 2018 9 shimizumori ringo
 
 
 
 
 
 
 
お昼は岩木山の麓、百沢地区にある 〝桜林茶寮 〟
 
 
dairoku 2018 9 Sakurabayashi saryou
 
写真左側に写っているのはオーナーさん
 
 
 
 
 
 
 
テラス席で心地よい山の秋風を感じながらのランチ
 
 
 
dairoku 2018 9 Sakurabayashi 1
 
 
桜林茶寮のオーナーさんはDAIROKUの大切なお客様でもあります。
 
 
 
今回、ブナの角プレートを使ってランチを出していただきました。
 
 
 
この演出に感動。
 
 
 
 
秋刀魚の塩焼きに栗ご飯、茄子と胡瓜の煮浸し・・・
 
 
 
自家栽培の野菜が並ぶ秋色御膳
 
 
 
美味しくいただきました。
 
 
 
ご馳走様!
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2018 9 iwakisan gosyuinn
 
 
ランチの後は岩木山神社へ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、サッとひとっ風呂
 
 
 dairoku 2018 9 Atago onsen
 
 
岩木山が近くにある温泉です。
 
dairoku 2018 9 Atago go
 
 
 
 
 
 
風呂の後は、私がお皿制作の際に拭き漆をお願いしている漆塗り師さんの工房を見学、
 
 
 
その後、禅林街の 〝 正伝寺さん 〟お座敷のテーブルセット を見学に行きました。
 
 
 
 
 
 
夕方、弘前公園を散歩して
 
 
dairoku 2018 9 hirosaki park
 
 
 
dairoku 2018 9 Hirosaki park
 
 
 
秋の津軽路ツアー終了!
 
 
 
 
 
 
秋の夕暮れは早い・・・ちと詰め込み過ぎたかなと反省しつつも
 
 
 
dairoku 2018 9 Hirosaki yuugata
 
 
 
帰りは夕焼け空に岩木山が映え、ツアーのフィナーレを飾りました。
 
 
 
岩木山さまさまです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お別れの時、
 
 
 
お土産に林檎を渡しました。
 
 
 
「つがる」という品種。早生種なので、今時期は既に実も少し柔らかい。
 
 
 
料理が大好きというご夫婦だったので
 
 
 
生食でもいいけど ジャム作りもいいよと話をしたら
 
 
 
dairoku 2018 9 ringo jam
 
 
早速、ジャムに加工された写真を送っていただきました。
 
 
 
 
 
東京へ帰っても、しばらく青森旅満喫できそうだね。
 
 
 
林檎、大切に使ってくれてありがとう。
 
 
 
 
またいつか お会い出来るその日を楽しみにしています。
 
 
 
そして、是非また弘前へ!!
 
 
 

コメント/トラックバック(4) |

フルーツ王国なのか、ここは

DAIROKU清水森工房庫の周囲の林檎園
 
 
 
dairoku 2018 9 shimizumori
 
 
 
dairoku 2018 9 shimizumori ringo
 
 
早生種の林檎たちが色付いてます。かわいらしいね。
 
 
 
 
待ちに待った林檎のシーズン、やって来ました。
 
 
 
体が林檎を欲してました。
 
 
 
我が家では親戚の林檎農家の方から「つがる」という品種をいただきましたので
 
 
 
毎日食べております。めちゃうまです。
 
 
 
 
 
 
 
 
制作の合間に、薪棚作りも始めました。
 
 
 
dairoku 2018 9 maki-hakobi
 
 
 
今年のどんぐり、みっけ!
 
 
 
 
 
dairoku 2018 9 makidana
 
 
 
何列出来るかな。
 
 
 
数日かけて、ちょこちょこと合間みて完成させます。
 
 
 
 
 
 
 
薪を運んでいたら、隣の林檎園のおばちゃんから もぎたてのネクタリンをもらいました。
 
 
dairoku 2018 9 nekutarinn
 
 
 
 
後日、お礼にブラックベリージャムを渡したら
 
 
 
 
 
dairoku 2018 9 nashi 1
 
 
 
今度は梨を貰いました。
 
 
 
 
おばちゃん、、、ありがとう!!
 
 
 
 
 
ネクタリンはこれまた めちゃ旨でした。
 
 
 
梨は少し早いということなので、食べ頃になるまで待とうと思います。
 
 
 
 
 
 
贅沢だよなぁ、ほんと。
 
 
 
 
秋って最高。
 
 
 
 
 
まさに此処はフルーツ王国。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

つながりひろがり

東京から帰ってきて、一週間
 
 
 
オーダーの品の制作を少しずつ進めながら
 
 
 
イギリスからのお客様とメールでのやり取りを行なっていました。
 
 
 
 
父が生前中まで、スプーンやフォークをご注文いただいていた こちらのお客様
 
 
 
その後も連絡をいただいていたものの、こちらの都合でずっとお待たせしていたままでしたが
 
 
 
ようやく、ここにきてご注文を引き受けることが出来ました。
 
 
 
 
 
早くお応えしなければと思いつつも
 
 
 
自分の身の周りで動くことと販売することだけで精一杯でここまできました。
 
 
 
 
 
 
こうしてずっと待っていてくださるお客様がいるということは
 
 
 
ありがたいことで幸せ過ぎることです。
 
 
 
 
 
長い間、本当にすいませんでした。そして、改めまして どうぞよろしくお願いします。
 
 
 
dairoku 2018 9 England mark
 
 
 
よし、英国へ行ってこい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、おととい夕方の話、、、
 
 
 
一週間前に銀座三越で出会ったお客様とのご縁で
 
 
 
そのお客様のお知り合いである東京の若者二人が わざわざ工房を訪ねてくれました。
 
 
 
 
 
正直、不意打ちな来訪と銀座三越というタイムリーなご縁と繋がりとに
 
 
 
??となりながら かなり驚きましたが
 
 
 
本当にいい若者たちで、遠くから来た彼らにDAIROKU流のおもてなしをしてあげたいと思いました。
 
 
 
 
 
一夜明け 昨日、彼らを車に乗せ弘前ツアーを実行!
 
 
 
建築の仕事が好きで、建築家を目指す彼らが弘前を訪れた一番の目的である
 
 
 
建築家 前川國男』の手掛けた弘前市内の建築物巡りをメインに
 
 
 
岩木山神社、三角巾をしたおばちゃんがいるローカルな食堂、名曲の流れる純喫茶へ・・・
 
 
 
 
 
彼らのリクエスト。
 
 
 
なんにもオシャレな所じゃなくていい。その土地のそのままの姿を楽しみたい。
 
 
 
 
 
生まれも育ちも東京の彼らにとっては、このまんまの弘前がいいんだな。
 
 
 
巡った先には弘前に住んでいてもなかなか行く機会がなく、初めて行った場所もありました。
 
 
 
案内するとカッコ良く言った割には、一緒になって楽しんでいた私。
 
 
 
dairoku 2018 9 iwakisann
 
 
 
今、23歳だという彼ら。
 
 
 
家のこと、将来のこと話しました。
 
 
 
 
 
14年前の自分はどうだったっけ
 
 
 
 
 
 
そんなことを考えながら、共にした一日
 
 
 
dairoku 2018 9 soudai,kazuki
(真ん中 私)
 
 
 
 
また新たなやる気と力をもらいました。
 
 
 
 
濃い一日だったな。
 
 
 
 
また来いよ。
 
 
 
 
ご縁に感謝。ありがとう。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |