大人も休日、願う

最近の制作
 
 
 
ケヤキのベンチ(左奥)とヤマザクラのベンチ(左手前)、NAGAスツール(右)
 
 
dairoku 2019 7 makes
 
 
 
 
 
オーダーの山桜のベンチは表面がこのように
 
dairoku 2019 7 yamazakura
 
 
上品な仕上がりになりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、三連休初日の先週の土曜日 市内のお客様のお宅へ納品に伺いました。
 
 
 
dairoku 2019 7 Suzuki tei
 
 
既にお使いいただいているDAIROKUのダイニングテーブルにベンチ
 
 
 
共に材質は栓(セン)、オイル仕上げ(茶色)です。
 
 
 
 
dairoku 2019 7 suzuki shimizumori
 
 
そこに新たに山桜(ヤマザクラ)のベンチが仲間入り
 
 
 
山桜の明るいオレンジ色が引き立ちます。
 
 
 
大家族のお客様、これからもどんどん使っていただきたいです。
前回納品時の様子はこちら→『 enjoy every day 』)
 
 
 
 
 
床の風合いにも溶け込んで とてもいい感じです。
 
 
 
今回もご注文、誠にありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日の「海の日」は長男の応援に山へ行ってきました。
 
 
 
dairoku 2019 7 uminohi
 
 
岩木山の麓、嶽(だけ)地区から見た岩木山
 
 
 
 
もうすぐ子どもたちの夏休みが始まる
 
 
 
この前10連休だったじゃん、ゴールデンウィークの。
 
 
 
 
 
 
オーダー制作強化月間の7月も折り返し地点
 
 
 
だからといってポンポン出来る訳ではないが
 
 
 
しっかりと進めて行く!
 
 
 
頑張れ、自分。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

なつぞら

ブラックベリーの色づきも始まり
 
 
dairoku 2019 7 black berry
 
 
 
 
 
 
 
頼んでいた薪も運ばれてきました。
 
 
dairoku 2019 7 maki
 
 
 
 
 
 
今年もまた夏がやってきたぞーっ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな中ではありますが、今週に入り ある作業をしておりました。
 
 
 
これです↓
 
 
 
dairoku 2019 7 shimizumori yane
 
 
 
清水森工房庫の屋根の塗装作業。
 
 
 
見てお分りの通り、屋根 かなり錆びております。
 
 
 
父の遺言で
 
 
「清水森倉庫の屋根はなんとかして塗っておいてほしい」とありました。
 
 
 
「屋根が高すぎて自分で塗るのは無理だろう。業者に頼んで数年以内に塗れるように頑張れ」と。
 
 
 
その後、冬が訪れては屋根に積もる雪に神経を尖らせておりました。
 
 
 
積もりに積もった雪と氷の厚い層。この塊が落ちるのはヒヤヒヤもの。
 
 
 
年数が経つにつれ、滑りが悪くなるのを感じていたし
 
 
 
見た目にもあきらかに錆びていくのがわかる。
 
 
 
 
業者さんに依頼すれば、まず足場を組んで 諸々で数十万円という金額・・・
 
 
 
そんな金額 簡単に用意できるわけにもいかず
 
 
 
とうとう五年の歳月が流れていきました。
 
 
 
 
 
 
ため息ばかりで悩んでいた今春のある日
 
 
 
ある方から「私も手伝うから一緒に塗りましょう。大丈夫だね!」との助言 が。
 
 
 
 
 
マジか?出来るのか??
 
 
 
でも、ニ年前に自宅の屋根も自分で塗ったし、出来るのかも?
 (以前の様子はこちら→『よっしゃ ラッキー♪』)
 
 
 
そう思い、一念発起。決まれば早い。
 
 
 
錆び落としをし、塗装作業開始!
 
 
 
 
 
 
助け舟を出していただいたのは、〝津軽千代造窯〟の小山陽久さん、佐藤学くん親子。
 
 
 
三人揃えば何とか・・というように効率的に塗装作業は進んでいきました。
 
 
 
dairoku 2019 7 iwakisann
 
 
 
てっぺんからはこの景色。
 
 
 
周囲の林檎園と奥にそびえる岩木山。
 
 
 
 
 
 
dairoku 2019 7 iwakisann yuugata
 
 
夕暮れもまたいいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしながら、屋根、面積広過ぎ!!
 
 
 
なんせ自宅の3倍以上の広さ。塗っても塗っても中々先が見えず
 
 
 
炎天下の中、疲労も溜まっていきます。。。
 
 
 
 
 
 
dairoku 2019 7 shimizumori penki nuri
 
 
 
とはいえ、確実に作業は進んでいました。
 
 
 
 
 
本日午前中、塗装完了!!
 
 
 
 
 
 
なんとか自分たちの手で出来た!出来ない訳じゃないんだ!!
 
 
 
大袈裟なんかじゃない。
 
 
 
 
 
 
もちろん、プロの業者さんに依頼すれば より良いクオリティなのは百も承知。
 
 
 
でもまだ、そこまでの余裕が自分には無い。
 
 
 
それが現実。
 
 
 
だからこそ、出来ること 出来る時に。
 
 
 
 
 
 
錆びがひどくなる前に、またコツコツ塗ろうと思う。
 
 
 
 
 
dairoku 2019 7 natsuzora
 
 
鮮やかな赤色が眩しいぜ。
 
 
 
 
 
筋肉痛がまた 心地いい勲章的なものにも感じる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
改めまして、この場を借りて 陽久さん親子にお礼を申しあげます。
 
 
 
さすがの行動力、お陰様で無事塗り終えることができました。
 
 
 
父も大いに喜んでいることと思います。
 
 
 
この度は本当にありがとうございました!!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

熱よ 解き放て

今年も残り半分。なんてこと思うと、ため息が出るけど
 
 
 
時が早く過ぎてるのは日々の充実の証。
 
 
 
 
 
 
今はベンチ作ってます。
 
 
 
dairoku 2019 6 long bench
 
 
 
山桜のベンチに欅(ケヤキ)のベンチ
 
 
 
オーダー用と展示会用。
 
 
 
 
 
 
 
7月は お待たせし続けているオーダー品の制作強化月間にしようと思う。
 
 
 
 
 
 
先日朝方、悪寒がして熱を計ったら39.8度の高熱。
 
 
 
節々の痛みと だる過ぎて動けない感覚
 
 
 
通院後 即点滴をし、1日寝込みましたが
 
 
 
翌日からは普通に活動できました。
 
 
 
溜まった疲れがどっと来たんだなと思いますが、
 
 
 
高熱が功を奏したのか、デトックス効果で気持ち新た。
 
 
 
 
 
 
一日一日を大事に
 
 
 
少しずつでも前に進めていくこと
 
 
 
日々の積み重ね
 
 
 
止まらず、動き続けろ!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

風に乗れ!!

本日は移動デー
 
 
 
dairoku 2019 6 HND AOJ
 
 
 
青森はやっぱりいいなー!
 
 
 
 
 
 
『涼を感じるクラフト展』、今回もご縁に感謝です。
 
 
 
誠にありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今後の予定
 
 
 
9月 横浜高島屋
 
 
10月 銀座煉瓦画廊 三人展
 
 
 
 
 
 
 
作りたい衝動に駆られている
 
 
 
 
頑張らねば!
 
 

コメント/トラックバック(0) |

三角繋がり

銀座三越にて
 
 
 
『涼を感じるクラフト展』、開催中です。
 
 
 
dairoku 2019 6 ginmitsu 7
 
 
 
dairoku 2019 6 ginmitsu stage
 
 
 
 
 
 
三角一輪もあります。
 
dairoku 2019 6 ginmitsu sankaku
 
 
この三角一輪、昨年8月に銀座三越で催事の際に出会ったお客様の
 
 
 
経営されるお店で この度、取り扱っていただく運びとなりました。
 
 
 
お客様のお名前は武井モア奈緒子さん。
 
 
 
彼女が経営されるお店はアメリカ、ロサンゼルスにあります。
(お店の情報はこちら→『TOIRO』)
 
 
 
武井さんのお祖父様が弘前出身というご縁。
 
 
 
ルーツが弘前にある 一人の女性が遠く離れたアメリカはハリウッドでお店を経営されている
 
 
 
弘前の人間としてとても嬉しく、誇りに思います。
 
 
 
これからも頑張っていこうという力をいただきました。
 
 
 
この度のご縁に感謝申し上げます!!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |