展示会のお知らせ

3/21(火)〜3/26(日)
茨城県つくば市吉瀬 ギャラリーなが屋門

コメント/トラックバック(0) |

流行に乗っちゃって

二月です。
 
 
 
dairoku 2023 1 sn
 
 
いやー、やはり冬は冬。
 
 
 
小雪傾向だった年末から一転。
 
 
 
正月は二日から寒波が来て、その後二転三転。
 
 
 
 
dairoku 2023 1 snow
 
 
↑今日の家周りです。もう雪を捨てる場所がありません。
 
 
 
 
先週は十年に一度の寒波の襲来とともに、地元弘前市の藤田記念庭園内のギャラリーで展示会も開催されていました。
 
 
 
dairoku 2023 1 t
 
 
 
dairoku 2023 1 ts
 
 
 
dairoku 2023 1 tsu
 
 
 
津軽地方の作り手が集まった展示会です。
 
 
 
dairoku 2023 1 tsug
 
 
 
dairoku 2023 1 tsuga
 
 
 
dairoku 2023 1 tsugaru
 
 
 
dairoku 2023 1 tsugarun
 
 
 
dairoku 2023 1 tsugaruno
 
 
会期中に私、子からインフルエンザを貰ってしまい、、結局会場に行くことが出来ませんでした。
 
 
 
展示什器や作品に力を淹れていた展示会だっただけに残念。。
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 1 fuji
 
↑会期前(藤田記念庭園)
 
 
 
 
 
dairoku 2023 1 fujita
 
↑会期後
 
 
 
九日間で景色も様変わりしてしまいました。
 
 
 
 
 
 
雪もずっと降りっぱなしなので
 
 
 
寝ていたくても、雪掻きをしなければ生活ができない訳で、結局は動いてしまう。
 
 
 
熱が下がるまでは結構日数がかかってしまいました。
 
 
 
 
 
 
展示会も無事終わり、昨日搬出。
 
 
 
dairoku 2023 1 han
 
 
お手伝いしていただいた方に感謝です。
 
 
 
 
dairoku 2023 1 hans
 
作品たちは春になるまで冬眠です。
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 1 hansy
 
 
ギャラリーのカフェで弘前のおばんざいランチ。
 
 
 
 
病み上がりの身体に染み渡りました。
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 1 hansyutsu
 
 
 
まだまだ雪は続きそうなので、雪とうまく付き合いながら作品作りに専念したいと思います。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

出品のお知らせ

雪のあしあと 春のあしおと 津軽のものづくり
1/21(土)〜1/29(日) 10:00〜16:00
藤田記念庭園考古館2Fギャラリー
青森県弘前市上白銀町8-1
0172-36-6505

コメント/トラックバック(0) |

拝啓、迎春の候

皆様、あけましておめでとうございます。
 
 
 
 
dairoku 2023 kagami
 
 
 
ここ弘前は大晦日から元日にかけて、近年稀に見る穏やかな天気で迎えております。
 
 
 
dairoku 2023 1 shimizumori
 
 
 
雪は降るのですが、その後溶けたりの繰り返しで。。今のところ穏やかに過ごせています。
 
 
 
こんな年末年始はこの数年全く記憶に無いくらい。
 
 
 
思い起こせば、私が子どもの頃はこんな年もあったかなとか。そこまでの記憶まで遡ってしまうかも。
 
 
 
ですので、これからの雪掻き三昧の日々にも備えてギリギリまで、、ずっと制作をしていました。
 
 
 
やれる時にやる!来たるその日の為に作りためておかないと!です。
 
 
 
 
 
 
ここで先月の振り返りをしてみます。
 
 
 
dairoku 2023 12 app
 
 
恒例の林檎、発送しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 12 cerote
 
東京千駄ヶ谷のCEROTE ANTIQUES TOKYOさんへ発送しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 12 kodomo
 
市内のお客様からのご注文で、お孫さんの誕生祝いに子ども椅子の贈り物。
 
 
 
クリスマスに間に合って良かった!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 12 yama
 
 
山桜のおしぼり用受け皿 拭き漆仕上げ
 
 
 
dairoku 2022 12 yamaza
 
↑ こちらは漆を塗る前
 
 
 
今回は弘前在住の漆作家、葛西彩子さんに依頼しました。(前回紹介の漆黒の折敷も彩子さんに依頼)
 
 
 
dairoku 2022 12 yamazaku
 
 
 
dairoku 2022 12 yamazakura
 
 
 
このおしぼり置きは弘前の新たなお店、日本料理店『陽』さんに納品いたしました。
 
 
 
dairoku 2022 12 y
 
 
 
dairoku 2022 12 yo
 
 
 
dairoku 2022 12 yoo
 
 
店主の成田陽平さんは弘前生まれの弘前育ち。
 
 
 
夏にSNSを通じて知り合いました。
 
 
 
ものを作り出すことに関して話をして、盛り上がり、共鳴し。。
 
 
 
こんな方が弘前に帰って来たんだ!ととても嬉しく思いました。
 
 
 
 
 
食材は勿論、器も季節に合わせて提供される日本料理の中で
 
 
 
季節を問わず、まず始めにお客様の元へと提供される「おしぼり」
 
 
 
そのおしぼりの受け皿についてのこだわりを語ってくれました。
 
 
 
いい出会いをいただいたなと思っています。
 
 
 
成田君が作り出していく世界、凄く楽しみです。
 
 
 
いつか必ず、お店に伺います!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それからこちらも
 
 
dairoku 2022 12 co
 
サイフォンCOFFEE用の撹拌マドラー
 
 
オニグルミ 拭き漆仕上げ
 
 
 
dairoku 2022 12 coff
 
 
 
dairoku 2022 12 coffee
 
DAIROKUの文字も入れています。
 
 
 
 
昨年の春のこと・・・ですので、だいぶ遡ってしまうのですが
 
 
 
こちらもSNSを通じて、香港にあるコーヒー屋さんからご注文をいただきました。
 
 
 
オーナーの方から焙煎したコーヒー豆と手紙を送っていただいたり、凄く優しい方で思い出深いです。
 
 
 
私自身、香港も行ってみたいですが、日本にも何度か来ているとのことで、、
 
 
 
いつか青森でお会いできるのを楽しみにしています!
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 12 s
 
 
2022年もあっという間に過ぎてしまいました。
 
 
 
色々な出来事があったけれども、それだけ充実していたからこそ感じる早さなんだろうなって思います。
 
 
 
 
去る12/27、父、浩之の命日を迎えました。早いもので9年目に入ります。
 
 
 
 
 
父へ
 
 
 
孫たちも大きくなって、その姿をひとめでいいから見せてあげたい。
 
 
 
母も頑張ってパートへ行っています。我々子どもたちも頑張ってます。
 
 
 
自分的に言うなら、、やっぱり、今の自分の仕事を見てほしいかな。
 
 
 
何も語らなくていいから、ここまで出来るようになったっていうのを見てほしい。
 
 
 
ひたすらに親父の後は追いかける日々だけど
 
 
 
自分色を求めて、自分なりに広めて、作りあげてる。
 
 
 
それが楽しくて楽しくて仕方がない。
 
 
 
よく話しをてくれた、ものづくりの楽しさ。それを今実感してる。
 
 
 
 
お陰様で、皆元気に仲良く暮らしています。安心してね。
 
 
 
ありがとう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 1 shimizumori
 
 
 
今年は新たな挑戦も始まります。
 
 
 
決断までは時間がかかってしまったけど、やると決めること、それが一番重要。
 
 
 
時間をうまく作って、うまく使って、頑張ります。
 
 
 
全てはこの先の自分の為に。
 
 
 
 
 
 
2023年、皆様にとって笑顔多き年になりますように!
 
 
 
今年もどうぞよろしくお願いいたします!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

師走の仕業

12月です。
 
 
 
ひと月に一回の更新になってしまってすみません。
 
 
 
 
 
 
こちら、もう雪降ってます。
 
 
 
12月になったら一気に冬へと季節が進みました。
 
 
 
外での作業が出来なくなると、急に気が焦るというか、、
 
 
 
より計画的に進めていかなければと思っています。
 
 
 
 
 
 
年末の雰囲気はありますが、今年の紅葉の景色が綺麗だったのでご紹介しますね。
 
 
dairoku 2022 11 ko2
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 11 kou2
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 11 kouy2
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 11 kouyo2
 
 
清水森工房庫、行く度に色合いが変わっていて本当に綺麗でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事の方はというと
 
 
 
6月の函館蔦屋書店さんで開催した『room. visit to Hakodate』。
 
 
 
この時にオーダーをいただいていた漆黒の折敷がようやく完成し、発送しました。
 
 
 
dairoku 2022 11 o
 
 
 
dairoku 2022 11 os
 
 
 
dairoku 2022 11 osh
 
 
 
dairoku 2022 11 oshi
 
 
黒々とした色艶。まるで有明産の高級焼き海苔のような折敷。
 
 
 
函館市在住のご夫婦のお客様からペアでご注文いただいてました。
 
 
 
漆仕上げなので、直接お料理を載せても大丈夫。
 
 
 
イカ刺しなんて最高じゃぁないでしょうか。
 
 
 
これからの季節、色々と使っていただけるかなと思っています。
 
 
 
この度はご注文、誠にありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それからこちら
 
 
dairoku 2022 11 w
 
 
先日紹介したワインチェア
 
 
 
 
dairoku 2022 11 wa
 
 
 
dairoku 2022 11 wai
 
茶色とナチュラルのオイル仕上げをし、完成。
 
 
 
 
dairoku 2022 11 wain
 
ラウンドテーブルとの相性は抜群です。
 
 
 
 
dairoku 2022 11 wain chair
 
 
ナチュラル1脚を市内のお客様へ納品させていただきました。
 
 
 
だいぶお待たせしてしまいましたが、お喜びいただけて一安心。
 
 
 
この度も誠にありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現在、群馬県にて開催の展示会に出品させていただいております。
 
 
dairoku 2022 12 gu
 
 
 
 
 
dairoku 2022 12 gun
 
私は三角スツール、ラウンドテーブル、小物
 
 
 
 
 
dairoku 2022 11 gunma
 
靴べらセットベロベロバーを出品しております。
 
 
 
お近くの方は是非!よろしくお願いします!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
他には
 
dairoku 2022 12 p
 
オニグルミのサイズ違いのplateも作ってみたり
 
 
dairoku 2022 12 pl
 
 
 
dairoku 2022 12 pla
 
 
 
dairoku 2022 12 plate
 
 
 
dairoku 2022 12 fork
 
山桜やオニグルミのフォークとスプーン、バターナイフも完成。
 
 
 
食器用ウレタン塗装も施しました。
 
 
 
 
dairoku 2022 12 spoon
 
 
 
 
これからは雪かきをしながらの内職仕事も多くなるだろうと思ってます。
 
 
 
これはこれで、冬の仕事としてコツコツと小物を作りためて来たる日に備えておきたいです。
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 12 snow
 
 
今年も残り一ヶ月。。を切る。。
 
 
 
お互いに体を大切にして過ごしましょう。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |