夏の風 暮らしの工芸5人展

夏の風「くらしの工芸 5人展」
 
 
 
昨日、無事終了いたしました。
 
 
 
展示会の様子をご紹介いたします。
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 2
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 3
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 4
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 4
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 5
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 6
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 7
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 8
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 9
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 10
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 11
 
 
 
dairoku 2021 6 casaico 12
 
 
 
 
 
 
会場内に入り込む初夏の風が
 
 
 
風鈴を鳴らして、布を揺らして 涼を誘う。
 
 
 
夏の食材の元気な色合いを活かしてくれる器たち
 
 
 
青森県産の広葉樹を使った家具。
 
 
 
現代的でいて どこか懐かしいようで
 
 
 
都会的でいて、自然を感じるような
 
 
 
表現しきれないけれど
 
 
 
居心地のいい 素敵な空間でした。
 
 
 
地元での展示会、とっても楽しかったです。
 
 
 
この度もたくさんのご縁がありました。
 
 
 
ご来場いただきましたお客様、ギャラリーcasaico、皆々様に感謝いたします。
 
 
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
これからまた、次のことに向けて制作の日々に入ります。
 
 
 
いいもの、つくるぞ!!
 
 
 
では。。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

scoop !!

季節は初夏
 
 
ブラックベリーの花が咲いています。
 
 
 
dairoku 2021 6 blackberry
 
 
 
6月になってしまいましたね。
 
 
 
ブログ、なかなか更新せずに申し訳ありません。
 
 
 
定期的に更新しなくてはと反省です。
 
 
 
インスタグラムの方では日々のあれこれをちょこちょこ投稿しているので、こちらも是非。
 
 
 
 
 
 
仕事はしっかりと行っていました。
 
 
 
写真枚数が多くなってしまいますがご紹介します。
 
 
 
昨年登場した消毒液の台『pump stand』。
 
 
こちらが、お客様からのご要望でさらに小さくなりました。
 
 
dairoku 2021 6 pump 1
 
左が以前の 右が新バージョンです。
 
 
 
dairoku 2021 6 pump 2
 
 
 
dairoku 2021 6 pump 3
 
 
 
dairoku 2021 6 pump 5
 
 
 
dairoku 2021 6 pump 6
 
 
ひとまわり、いやふたまわりくらいかな。私が制作するにあたってギリギリの範囲内。極限まで小さくしました。
 
 
 
お陰様で、より都会的でスタイリッシュになったようにも思います。
 
 
こちらは東京都のお客様へ発送いたしました。
 
 
 
大きい方には消毒液の他にも体温計や鍵など、ちょっとした何かを置くことができます。
 
 
これからはこちらの2種類の大きさで販売いたしますので、よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それから、こちらも
 
 
おじいちゃんからお孫さんへの贈り物。
 
 
dairoku 2021 6 matsu 1
 
 
子どもテーブルと椅子、卓上ドレッサーの3点セット。
 
 
とってもかわいいです。
 
 
 
dairoku 2021 6 matsu 2
 
 
 
dairoku 2021 6 matsu 3
 
 
 
dairoku 2021 6 matsu 4
 
 
 
dairoku 2021 6 matsu 5
 
 
椅子の裏面には生年月日とアルファベットでお名前を掘り入れました。
 
 
 
ドレッサーはお孫さんが大きくなるまでは、お母さん(娘さん)が使用したり
 
 
 
世代をこえて、一緒にずっと使うことができます。
 
 
 
こちらは山口県のお客様へと発送いたしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
展示会用に黙々と制作し続けた5月。。
 
 
dairoku 2021 6 make
 
 
 
dairoku 2021 6 raund
 
 
 
dairoku 2021 6 hatsuri
 
 
 
止まる暇がなかった。
 
 
 
 
そんな中でも
 
 
dairoku 2021 6 mont
 
 
 
dairoku 2021 6 berry
 
 
 
dairoku 2021 6 cake
 
 
ケーキを食べて英気を養っておりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、新たな挑戦も
 
 
dairoku 2021 6 coffee 1
 
 
サイフォンコーヒー用のヘラです。
 
 
 
dairoku 2021 6 coffee 2
 
 
同じ青森県は三沢市にありますコーヒー屋さん→「cogemame coffee」さんからのご依頼で制作しました。
 
 
 
ナイフと鉋で制作。
 
 
 
dairoku 2021 6 coffee 3
 
 
拭き漆の色がまた珈琲色というね。カッコ良いです。
 
 
 
コラボ出来て楽しかったです。ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
からの〜
 
 
 
 
 
 
そこから生まれた新作!!
 
 
 
その名も『scoop』登場です。
 
 
dairoku 2021 6 scoop 1
 
 
掬う・すくうの英単語
 
 
スコップのようなイメージ。
 
 
サイフォンコーヒーのヘラを制作していて、ひらめきました。
 
 
 
dairoku 2021 6 scoop 2
 
 
 
dairoku 2021 6 scoop 3
 
 
ニョロプーンやフォークブラザーズと比べると、その大きさがわかります。
 
 
 
パフェスプーンみたいな感じかな。
 
 
 
 
dairoku 2021 6 scoop 4
 
 
煮豆やお料理の取り分け用として
 
 
またこれからの季節はアイスコーヒーやハイボールのマドラーなんかにもいいと思います。
 
 
 
 
この『scoop』、本日から開催の展示会にてデビューします。
 
 
夏の風「くらしの工芸5人展」
6/5(土)〜6/13(日)
Gallery CASAICO
 
 
昨日搬入でしたが、素敵な作品がいっぱい!
 
 
 
ギャラリー内、換気、三密防止等のコロナ対策をしておりますが
 
 
マスク着用、手指消毒をして
 
 
皆様、是非お越しくださいませ。
 
 
 
私の在廊日は5、6、10、12、13となります。
 
 
 
それでは!!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

『rakura』と『らしさ』

DAIROKU清水森工房庫の山桜も咲きました。
 
 
dairoku 2021 4 yamazakura
 
 
dairoku 2021 4 yamazakura souko
 
 
弘前は春満開を迎えています。
 
 
dairoku 2021 4 yamazakura kirei
 
 
dairoku 2021 4 shimizumori yamazakura
 
 
暖かくなったと思えば寒い日に戻ったりで
 
 
 
まだ薪ストーブも使っていますが
 
 
 
確実に一歩一歩、新緑の季節へと進んできています。
 
 
 
 
 
 
そんな中ではありますが
 
 
 
4/25に発売 大人のための北東北エリアマガジン『rakura 5,6月号』に
 
 
 
DAIROKUのお皿が紹介されました。
 
 
dairoku 2021 4 rakura
 
 
北東北ということで、青森、秋田、岩手の三県限定の情報誌です。
 
 
 
dairoku 2021 4 rakura kao
 
 
私、笑顔で写ってます。
 
 
 
素敵な内容の記事を書いてくださって、感謝です。ありがとうございます。
 
 
 
皆様、是非。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近納めたダイニングテーブルをご紹介いたします。
 
 
 
このテーブルにはストーリーがあって
 
 
 
12年前に父と私が納めたテーブル。
 
 
 
dairoku 2021 4 kokuin
 
 
テーブルの脚には納品した年月を掘り入れてます。
 
 
 
 
今回はそれを新たにリメイクして使用したいというご依頼でした。
 
 
 
dairoku 2021 4 kihada 1
 
 
材はキハダ、長さは2100mm以上のニ枚の板
 
 
dairoku 2021 4 kihada 2
 
↑裏面
 
 
 
dairoku 2021:4 kihada 3
 
↑表面(今まで使っていた面)
 
 
 
それぞれ一枚ずつの板を楽しめるようにと敢えて「板接ぎ(いたはぎ)」はせず。
 
 
 
普段使用する際は、ニ枚をくっつけて使用し
 
 
 
中央に出来た隙間、この木の流れの景色を楽しむ。
 
 
 
という使い方をしていただいていました。
 
 
 
今回のご依頼は、40mmの厚みをキープしたままに真ん中の隙間を無くし、「板接ぎ」をして、一枚の板にして欲しいとのことでした。
 
 
 
無垢材の為、一度は機械を通して成形した板ですが、12年の経過とともに繰り返された伸縮で歪みやたわみ等の動きが出ています。
 
 
 
 
 
 
数枚の板を合わせて一枚板にする「板接ぎ」という技法。
 
 
 
これは全ての板を同じ厚みに整え、くっつけ合わせる面を90度出してから接着剤で圧着する方法です。
 
 
 
厚みを均一にする為に、まずは板を機械に通して作っていくものなのですが
 
 
 
今回のご依頼は、あくまでも厚みはキープして欲しいとのこと。
 
 
 
ということは、薄く出来ないし、機械を通せない・・。
 
 
 
悩みました。とっても。試行錯誤です。
 
 
 
 
 
それでも、12年の歳月を感じない程に板の状態が良く、うまい具合に作業が進み、「板接ぎ」をすることが出来ました。
 
 
 
完成形はこちらです。
 
 
 
dairoku 2021 4 omote 1
 
 
dairoku 2021 4 omote 2
 
 
dairoku 2021  4 omote 3
 
 
dairoku 2021 4 omote 4
 
 
dairoku 2021 4 omote 5
 
 
dairoku 2021 4 omote 6
 
 
dairoku 2021 4 omote 7
 
↑今まで裏としていた面
 
 
 
こんなにも美しい杢(もく)が出て、惚れ惚れしてしまう。
 
 
 
つい何枚も撮影してしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこちら
 
 
dairoku 2021 4 ura 2
 
↑今まで使っていた表面はハツリ仕上げにし
 
 
 
リバーシブルでお使いいただくことが出来ます。
 
 
 
dairoku 2021 4 ura 3
 
 
色も茶色にしました。
 
 
 
dairoku 2021 4 ura 4
 
 
dairoku 2021 4 ura 5
 
 
dairoku 2021 4 ura 6
 
 
よりシックな重厚感を感じる雰囲気で仕上がりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日、弘前市内のお客様へ納品に行ってきました。
 
 
dairoku 2021 4 omote new
 
 
 
 
dairoku 2021 4 ura new
 
 
 
12年前に一緒に納めた椅子たちも、艶感と色具合が良くなってました。
 
 
経年美です。
 
 
 
 
 
dairoku 2021 4 maesan
 
 
どんどん使っていって、かすれ具合や色の変化、傷だったりを楽しんでいただきたいです。
 
 
 
これからまた、どうぞよろしくね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お喜びいただけて何よりです。
 
 
 
私にとって、とても素晴らしい経験になりました。
 
 
 
普段はテーブルやデスク等制作する際、天板には反りを防止する為の「反り止め」を付けて制作しますが
 
 
 
今回は反り止めを付けない制作だったので、その代わりにリバーシブルで楽しめるという方向で提案してみました。
 
 
 
 
 
父と手掛けた作品を、時を越えてまた新たに自分スタイルに作っていく。
 
 
 
時代に合わせた使い方だったり、環境の変化だったり。
 
 
 
そういうものをうまく取り入れながらも
 
 
 
受け継いだDAIROKUの『らしさ』を失わずに大切にして
 
 
 
これからも進んでいきます。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

掲載のお知らせ

『rakura 5.6月号』 にて
DAIROKUのお皿が紹介されました。

→大人のための北東北エリアマガジン rakura

コメント/トラックバック(0) |

展示会のお知らせ

『夏の風 くらしの工芸 5人展』
6/5(土)〜6/13(日)
gallery CASAICO
青森県弘前市城東中央4-2-11

→CASAICO

コメント/トラックバック(0) |