匠・感

 
 
 
只今、弘前市にある藤田記念庭園内の 匠館(考古館)1Fで
 
 
 
私の作品が展示されております。
 
 
dairoku 2017 9 koukokann
 
 
以前こちらで紹介した 弘前工芸舎 夏展はこの匠館の2階で行なっておりました。
 
 
 
2階の部分は春夏秋冬の祭り時期等、またOPENしますが
 
 
 
1Fは通年で営業しています。
 
 
 
弘前工芸協会のメンバーが6人ずつ、6週間交代で展示を行います。
 
 
 
私の展示はすでに始まっており、10/2までです。
 
 
 
 
dairoku 2017 9 koukokan
 
 
(写真、加工も何もしてないのですが なぜか霞がかかったような演出になってしまいました。)
 
 
 
以前までは津軽地方で発掘された考古資料や遺物等を展示していた場所ということで
 
 
 
「考古館」という名前が残っております。
 
 
 
外観は歴史ある煉瓦造りの建物で趣きを感じさせてくれます。
 
 
 
現在は『匠館』として弘前のクラフトの展示、また、和をテーマにしたカフェも入っており
 
 
 
季節のフルーツをたっぷりと使ったパンケーキやパフェ、かき氷等
 
 
 
美味しい甘味で皆様をお待ちしております。
 
 
 
 
 
藤田記念庭園内、通常は散策するには入場料がかかりますが
 
 
 
こちらの『匠館』は入場無料でございます。
 
 
 
大きな黒門を入ってすぐ右の煉瓦造の建物です。
 
 
 
 
 
ひと休みついでに。。
 
 
 
また、津軽のクラフトをご覧になりたい方(カフェを利用せずともok ! )
 
 
 
是非ご利用くださいね。
 
 
 

| コメント/トラックバック(0) |

No comments yet.

Leave a comment

最近のコメント