いつの日か会えるまで

 
 
 
昨日夕方、新潟より戻りました。
 
 
 
 
今回は、納品と展示会の搬出を兼ねての一人旅。
 
 
 
 
行き先は新潟県長岡市
 
 
 
昨年末に新潟へ行っていたのは この為でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本海側を南下!
 
 
 
 
dairoku 2016 4 syarin
 
 
年末の荒れる日本海とは違い
 
 
 
今回は穏やかな春の日本海を望みながら。
 
 
 
 
 
 
 
有料道路は使わず、車を走らせる。
 
 
 
 
弘前から長岡市までは10時間。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新潟県、あったかかった〜!
 
 
 
 
 
 
少し汗ばむような春の暖かさの中、納品先へ。。。
 
 
 
 
 
 
納品先のお宅は築105年以上という 明治時代に建てられた立派な日本家屋です。
 
 
 
dairoku 2016 4 niigata nagaoka order
 
 
大きな栓(セン)のテーブルと
 
 
楡(ニレ)や栓、楢(ナラ)を使ったベンチたち。
 
 
それに オニグルミと栓の三角スツール。
 
 
 
 
 
 
三世代の暮らす 歴史のある大きなお家。
 
 
 
 
 
 
『NHK朝の連ドラ「あさが来た」のダイニングテーブルみたい!』って奥様が一言。
 
 
 
『みんなが集まる あぁいうテーブルいいなって思っていたの。』
 
 
 
『これでみんなで団欒出来るね!』って
 
 
 
 
 
 
 
家族の皆さんが笑顔になって、嬉しそうに話しているのを聞いて
 
 
 
とってもあったかい気持ちになりました。
 
 
 
 
 
最高の言葉です。
 
 
 
 
 
 
 
 
お喜びいただけて、何よりです。
 
 
 
 
 
 
ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
納品後は長岡市の人形作家、佐藤陽一さんのギャラリーへ
 
 
 
dairoku 2016 4 satou youichi ten
 
 
この度、私の作品も一緒に展示させていただきました。
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2016 4 satouyouichi tenn
 
 
佐藤陽一さんは 父の作家友達です。
 
 
 
今回、息子の私の代でもこうしてお話をいただいたこと
 
 
 
本当に感謝です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
父が教えてくれた 正直で真面目な仕事をする ということの大切さ
 
 
 
 
それが結んだ 人と人との繋がり
 
 
 
 
 
 
今巡り巡って こうして 自分にまで繋がりを残してくれているということ
 
 
 
 
 
 
 
 
そのありがたきことを 日々、感じています。
 
 
 
 
 
 
 
 
皆々様、本当にありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2016 4 nagaoka sakura
 
 
長岡市は桜が咲いてました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘前迄の帰路、前回同様 色々なことを考える。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
腕を磨いて、仕事でお返ししよう。
 
 
 
 
 
 
 
それが、今の俺に出来ることだ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2016 4 niigata omiyage
 
 
今回のお土産
 
 
 
佐藤さんの作品と燕三条駅で購入したスプーン。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
いつかまた 会える日まで・・・。
 
 
 

| コメント/トラックバック(0) |

No comments yet.

Leave a comment

最近のコメント