よっしゃ ラッキー ♪

 
 
 
東京から帰宅し、約二週間経ちましたが
 
 
 
その間、木工の仕事はそっちのけで、、、、、
 
 
 
来たる冬に向けての支度をしておりました。
 
 
 
 
 
主家の屋根
 
 
 
錆びも目立ってきて、これからの冬の積雪も心配。
 
 
 
前回ペンキを塗ったのは十年くらい前。
 
 
 
昨年から「塗らなければ」という思いはあったものの実行に移せず
 
 
 
今年こそは絶対という思いで準備をしてきました。
 
 
 
しかしながら、、結構な面積。前回は父と二人での作業。
 
 
 
こりゃぁ時間がかかるな。。と覚悟し、地道に錆び落とし作業から開始。
 
 
 
 
 
 
ペンキを塗り始めようかという時、ご近所のおじさんから声を掛けていただき
 
 
 
お手伝いをしてもらえるという幸運な出来事が♪
 
 
 
 
 
ということで
 
 
 
(写真は一部掲載ではありますが)こんな感じで
 
 
dairoku 2017 9 penki nuri
 
 
上面、縁部分もきれいに塗り終えることが出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
 
それから、これも
 
 
dairoku 2017 9 makidana
 
 
恒例の薪運び作業。
 
 
 
今年は 例年よりも薪量は少なめですが
 
 
 
昨日、薪棚作り完了!
 
 
 
 
 
 
秋晴れの元、数日かけてどちらも無事終了することが出来ました。
 
 
 
 
 
 
 
清水森工房庫の栗の木
 
 
dairoku 2017 9 kuri shimizumori
 
 
弾けてきてます!
 
 
 
 
 
 
薪運びを終えての栗拾い
 
 
dairoku 2017 9 kuri hiroi
 
 
一度でこんなに収穫。
 
 
 
年々立派な実を付けてくれています。
 
 
 
 
 
 
明日からはまた制作の仕事に入ります。
 
 
 
冬が来る前に、計画的に進めていこう。
 
 
 

日本橋高島屋

 
 
 
dairoku 2017 9 nihonbashi
 
 
日本橋高島屋にキター!!
 
 
 
 
dairoku 2017 9 takasimaya
 
 
昨日より展示出品を行なっております。
 
 
 
今回は お皿、ニョロプーン、一輪挿しの出品です。
 
 
 
お近くの方は是非。
 
 
 
9/12(火)の16:00まで開催しております!
 
 
 

匠・感

 
 
 
只今、弘前市にある藤田記念庭園内の 匠館(考古館)1Fで
 
 
 
私の作品が展示されております。
 
 
dairoku 2017 9 koukokann
 
 
以前こちらで紹介した 弘前工芸舎 夏展はこの匠館の2階で行なっておりました。
 
 
 
2階の部分は春夏秋冬の祭り時期等、またOPENしますが
 
 
 
1Fは通年で営業しています。
 
 
 
弘前工芸協会のメンバーが6人ずつ、6週間交代で展示を行います。
 
 
 
私の展示はすでに始まっており、10/2までです。
 
 
 
 
dairoku 2017 9 koukokan
 
 
(写真、加工も何もしてないのですが なぜか霞がかかったような演出になってしまいました。)
 
 
 
以前までは津軽地方で発掘された考古資料や遺物等を展示していた場所ということで
 
 
 
「考古館」という名前が残っております。
 
 
 
外観は歴史ある煉瓦造りの建物で趣きを感じさせてくれます。
 
 
 
現在は『匠館』として弘前のクラフトの展示、また、和をテーマにしたカフェも入っており
 
 
 
季節のフルーツをたっぷりと使ったパンケーキやパフェ、かき氷等
 
 
 
美味しい甘味で皆様をお待ちしております。
 
 
 
 
 
藤田記念庭園内、通常は散策するには入場料がかかりますが
 
 
 
こちらの『匠館』は入場無料でございます。
 
 
 
大きな黒門を入ってすぐ右の煉瓦造の建物です。
 
 
 
 
 
ひと休みついでに。。
 
 
 
また、津軽のクラフトをご覧になりたい方(カフェを利用せずともok ! )
 
 
 
是非ご利用くださいね。