出品のお知らせ

『弘前工芸舎 春』
日時 : 4/14(土)〜5/13(日) 9:00〜17:00
場所 : 弘前市藤田記念庭園 匠館2階ギャラリースペース
住所 : 青森県弘前市上白銀88
TEL : 0172-36-6505

コメント/トラックバック(0) |

春休み

 
 
 
例の座卓、お直し完了!
 
 
dairoku 2018 20 years ago1
 
 
材質は、奥が栗、手前がケヤキ。
 
 
 
塗装は両方オイル仕上げです。
 
 
 
dairoku 2018 3 kado
 
 
犬が噛んでしまった角も削り直しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
三月末、東京は馬込のお客様の元へお届けに行ってきました。
 
 
 
お宅の玄関にて
 
 
dairoku 2018 3 magome
 
 
左後にある大きな椅子は父の作品で
 
 
 
20年前に座卓と一緒に購入されたそうです。
 
 
 
『王様の椅子』と名付けられ
 
 
 
こちらのお宅のシンボル的存在になっているそうです。
 
 
 
 
 
 
 
時をこえて蘇った座卓。
 
 
 
本来なら、お直しというと往復の送料だったり、運搬費だったりと
 
 
 
結構大掛かりになってしまうのですが
 
 
 
今回は元々子どもの春休みに合わせて、嫁の実家へ帰省の予定を建てていたので
 
 
 
それに合わせて、お直しとお届けをさせていただきました。
 
 
 
 
 
グッドタイミング。
 
 
 
なんかね、これは導かれたような気がしてます。
 
 
 
勢いに乗って良かった。ほんと。
 
 
 
改めて、お客様とのご縁も深まり感謝でございます。
 
 
 
お喜びいただけて、なにより。誠にありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
滞在中は、アンパンマンのパンを食べに行ったり
 
 
dairoku 2018 3 anpanman
 
 
 
 
 
 
 
 
 
観覧車に乗ったり
 
 
dairoku 2018 3 kanransya
 
 
 
 
 
 
楽しく過ごしました。
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 Minayo Mirai 1
 
 
 
 
 
みんな揃って 次はいつ来れるかな。
 
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 minatomirai 2
 
 
 
またね、横浜。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

きりかえてこ

 
 
 
写真が届きました。
 
 
dairoku 2018 3 ginza renga
 
 
左から 私、陶作家の飯浜紗希さん、織り作家の塚本晃さん、ギャラリーオーナーの竹内さん。
 
 
 
銀座、楽しかったなぁ。
 
 
 
 
 
なんてこと思い出しながら
 
 
 
今は気持ちを切り替え、制作作業に集中しています。
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 kodomoisu
 
 
オーダーの子どもイス、岡山のお客様の元へ発送しました。
 
 
 
いってらっしゃい!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 kakuplate
 
 
 
作業の合間にはあまいものが欲しくなるんだよね。
 
 
 
今話題のもぐもぐタイム的な。
 
 
 
大事な時間。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

Ginza Six Days

 
 
 
dairoku 2018 3 ginza kabukiza
 
 
 
銀座煉瓦画廊での展示会も無事終わり、昨日夕方 弘前へ帰宅しました。
 
 
 
会期中は雨風の強い日もありましたが
 
 
 
たくさんの方々に足をお運びいただきましたこと、本当に感謝でございます。
 
 
 
また新たなご縁にも恵まれ、とても素晴らしい六日間となりました。
 
 
 
 
 
ギャラリーオーナー始め、一緒に展示をした塚本晃さんに飯浜紗希さん、
 
 
 
そしてお客様、
 
 
 
この度は誠にありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
次回に向けて、より一層、頑張って制作に励みたいと思います!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
弘前へ帰る途中に、都内のお客様のお宅へ 今回ご購入いただいた作品を納品に伺いました。
 
 
dairoku 2018 3 Nerima desk
 
 
引き出し付きの栓(セン)の一枚板のデスクと栓のNAGAスツール。
 
 
 
床の色合いともバッチリで、あたたかな雰囲気が漂う空間になってました。
 
 
 
お喜びいただけて何よりでございます。ありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今朝はいただいた丸々1斤の食パンをスライスして・・・
 
dairoku 2018 3 ginza no syokupan
 
 
生姜茶と林檎を合わせて、ヘルシーな朝食です。
 
 
 
小麦の味と耳の香ばしさ。とても美味しい食パンでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の展示会では 最終日に思いがけないお客様がいらしてくれました。
 
 
 
それは 20年前に父の作品をご購入いただいたというお客様です。
 
 
 
20年前というと、私が高校一年の頃。
 
 
 
 
お家の新築記念にということでご購入されたようで、その当時のことを語ってくれました。
 
 
 
dairoku 2018 3 20nenmae
 
 
一枚板の座卓たち
 
 
 
大切にお使いいただいていたようですが、飼犬がまだ子犬の時
 
 
 
角を噛んでしまったようで、
 
dairoku 2018 3 kajiri
 
 
このように跡が残っています。
 
 
 
これをどうか直してほしい。とのことでした。
 
 
 
 
たまたまホームページでDAIROKUを検索、すると 銀座で展示会がやっている!
 
 
 
しかも、お客様のお住まいの場所を伺ったら 私の以前住んでいた所から近い!
 
 
 
ということで、搬出の後に座卓たちをピックアップして弘前に連れてきたのです。
 
 
 
 
 
 
座卓たちにとっては20年ぶりの弘前への帰郷。
 
 
 
 
父が亡くなった今でも、その家具たちはそれぞれのお宅で大切に使われていて
 
 
 
それをまた直して 後世まで使っていただくという
 
 
 
すごくありがたい仕事をさせていただいているなぁと染み染み実感。
 
 
 
 
 
 
ちょうど帰る日、3/11は東日本大震災の日、そして父の誕生日。
 
 
 
東北道を運転しながら、色々考えました。
 
 
 
こうして、生きて働ける。待っている人たちのところへ帰ることができる。
 
 
 
あたりまえの毎日がどれだけありがたいことなんだろうって。
 
 
 
 
 
 
いい仕事をする。それが今の俺ができることなんだな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荷物の整理を終えて、
 
 
dairoku 2018 3 saki iihama
 
 
 
これからの予定を考える贅沢な時間を過ごしています。
 
 
 
お客様からいただいたお菓子を飯浜紗希さんの器に載せて。
 
 
 

コメント/トラックバック(2) |

銀座煉瓦画廊 展

 
 
 
銀座煉瓦画廊での展示会、只今開催中です。
 
 
 
dairoku 2018 3 ginza 1
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 ginza 2
 
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 ginza 3
 
 
 
 
 
dairoku 2018 3 ginza 4
 
 
 
 
 
 
三人の作家の重なりあう世界。
 
 
 
 
 
 
3/10(土)まででございます。
 
 
 
是非。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |