僕が一番欲しかったもの

12月に入り、降雪と気温が低い日が続いていましたが
 
 
 
弘前市、今現在気温も高く過ごしやすい大晦日を迎えています。
 
 
 
週間予報では年明けも穏やかな天気が続くようで
 
 
 
雪の心配がいらないのでホッとしているところですが
 
 
 
今年の正月も1月2日から大雪だったので・・そこは油断せず構えておかなければと思ってます。
 
 
 
 
 
 
12月中旬になって作品を発送いたしました。
 
 
 
dairokuoyu 2023 12 yuzuriha
 
十和田湖畔にある『くらしのクラフト ゆずりは』さんへスツール類を
 
 
 
 
 
そして
 
dairoku 2023 12 cerote
 
東京千駄ヶ谷にある『CEROTE ANTIQUES TOKYO』さんへスツール、Pino ruck
 
 
 
dairoku 2023 12 cerote antiques
 
小物類を送りました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オーダーの仕事も
 
 
 
年内最後の納品ということで、青森市のお客様の元へ。
 
 
dairoku 2023 12 se
 
以前よりDAIROKUのダイニングテーブルをお使いいただいており、来客時、そのテーブルにくっつけて使える用のサブテーブルのご注文でした。
 
 
 
dairoku 2023 12 seki
 
 
 
dairoku 2023 12 sekiha
 
 
シンプルな4脚構造ですが天板表面にハツリ仕上げを施し、DAIROKUらしさを出しています。
 
 
 
dairoku 2023 12 sekihara
 
 
 
細長いサイズなので、ちょっとした作業台や玄関に置いたりもいいです。
 
 
 
ご家族皆が揃う年末年始、その楽しく賑やかな場で大いに活躍していただきたいです。
 
 
 
この度はありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
納品といえば、、、遡り、今夏の話になってしまうのですが
 
 
 
座板に栓(セン)の一枚板を使用した贅沢な肩肘ベンチ
 
 
dairoku 2023 12 li
 
 
背にはオニグルミ、肘には楢(ナラ)、足は楡(ニレ)と色々な木を使用しています。
 
 
2023 12 light
 
 
 
こちらのベンチを神奈川県横浜市のお客様へ納品いたしました。
 
 
 
お客様との出会いは都内の百貨店での催事にて三角スツールをご購入いただいたのが始まりです。
 
 
 
奥様が秋田出身ということで、色々お話させていただいたのを覚えています。
 
 
 
今年の夏、お客様から弘前を来訪するというご連絡をいただき、7年ぶりの再会を果たしました。
 
 
 
 
 
 
いつもであれば、大きめ家具の納品はハイエースに積んで私自身で行っているのですが
 
 
 
今回は初めて配送会社を使ってのお届けを行いました。
 
 
 
お客様から届いた写真がこちらです。↓
 
 
dairoku 2023 12 yokohama
 
 
 
dairoku 2023 12 yokohaman
 
 
普段はお部屋の中でくつろぐ感じで
 
 
 
 
 
2023 12 yoko
 
 
 
dairokuoyu 2023 12 yoko
 
 
 
dairoku 2023 12 yokoha
 
 
天気の良い日はバルコニーに置いて外でビールを楽しむ。これは最高の楽しみ方。
 
 
 
お客様からは「見た目より軽いので、二人で容易に移動できます。部屋内は勿論、外に出しても楽しめます。」とのコメントをいただきました。
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 hirosesama
 
 
玄関ではスツールもお使いいただいているとのことでした。
 
 
 
都内で出会ったご縁から、数年越しの再会。しかも弘前で。
 
 
 
連絡をいただいた時は驚きと感動でした。
 
 
 
青森まで足を伸ばすということ、これは思い切らないと中々出来ないことです。
 
 
 
再び繋いでいただいたことに感謝。。
 
 
 
ありがとうございました!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年最後にもうひとつ、お客様から届いた写真を紹介いたします。
 
 
 
岩手県在住のお客様からです。
 
 
dairoku 2023 12 iwa
 
 
マグカップ掛け、お皿と皿立て
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 iwate
 
 
そして三角スツールとラウンドテーブル
 
 
 
私と同年代のお客様はコロナ禍の頃から出会いました。
 
 
 
展示会の度に弘前にお越しいただいて、実際にご自身の目で確かめて、作品をコレクトしていただいてます。
 
 
 
段々と作品が集まっていく。こういうのを見ると、本当に嬉しいですね。
 
 
 
いつもありがとうございます!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 oomisoka
 
 
 
去る12月27日は父浩之の命日でした。
 
 
 
2014年に亡くなったので10年目を迎えています。
 
 
 
あれから凄く色々なことがあったけれど、とくにこの2〜3年の間の出来事は目まぐるしかったです。
 
 
 
新型コロナ、戦争、物価高、、、世界的な出来事がありました。
 
 
 
そしてそれは今日現在も続いていて
 
 
 
周囲の景色は何も変わらないように見えても、生活の仕方、考え方、皆様もそれぞれに大分変わったと思います。
 
 
 
 
私も今まで通りに運ばなかったことで、不安や戸惑いがあったのは事実。
 
 
 
ですが、それを払拭したのは自分なりの考え方の変化や大切な仲間からの影響が大きかったです。
 
 
 
 
 
これまで様々な場所で展示を行って、「いつかまた」という種を蒔いてきました。
 
 
 
それが少しずつゆっくりと芽を出し始めてきたのを実感しています。
 
 
 
 
 
 
ここまで来た道を振り返ってみたら
 
 
 
僕が作ったもので
 
 
 
たくさんの人が幸せそうに笑っていて
 
 
 
それを見た時の気持ちが僕の探していたものだとわかった
 
 
 
今までで一番素敵なものを
 
 
 
僕はとうとう拾うことが出来た。
 
 
 
 
 
(槇原敬之 僕の一番欲しかったもの より引用)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 oowa
 
 
 
 
 
 
 
私ごとですが、ご報告。
 
 
dairoku 2023 12 rokuro
 
ご縁があって今年から木工旋盤 ろくろを使っての木地挽きを教えていただいてます。
 
 
 
 
  dairoku 2023 12 oowani
 
 
刃物も自分で打って作ります。
 
 
 
 
 
DAIROKUでは木工旋盤の機械設備が無い理由もあるのですが、敢えてその技術に足を踏み入れず
 
 
 
手仕事がDAIROKU流だと今まで進んできました。
 
 
 
先代から受け継いだスタイルに、私は今もその思いは変わらず制作をしています。
 
 
 
だからこそ、もっと柔軟に。
 
 
 
オールマイティーな作り手になることがこれからの自分にとっては必要なことだと思い始めた次第です。
 
 
 
 
 
 
しかしながら、木工旋盤の世界に足を踏み入れると内容は深い深い。
 
 
 
今までのDAIROKUのスタイルに新たな技術を取り入れるのは中々大変なことです。
 
 
 
生意気言ってすみませんでしたと
 
 
 
始めたばかりとは言えどそれは痛感。
 
 
 
本業の制作が落ち着いた合間に通い、数年かけて技術を習得していく予定です。
 
 
 
はてさてどうなることやらですが、またこちらで紹介できたらと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来年はどんなことが待っていることでしょう。
 
 
 
未来はわからないからこそ面白いんだ。
 
 
 
それでは皆様、良いお年を!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

地球をたがやし宇宙とかたる

11/30(木) – 12/2(土)に『地球をたがやし宇宙とかたる』展が開催されました。
 
 
 
場所は弘前市禅林街
 
 
dairoku 2023 12 zenringai
 
 
お寺が多く建ち並ぶ古くからの街並みは城下町弘前ならではの光景です。(写真は長勝寺)
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 s
 
 
数あるお寺の中のひとつ、薬王山正伝寺さんが会場です。
 
 
 
 
dairoku 2023 12 sh
 
 
今シーズン初の雪が降る中、会期スタートです。
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 genkoan
 
 
玄関をあがると
 
 
 
 
dairoku 2023 12 s ousetsu
 
 
1階には正伝寺さんの応接室があり
 
 
 
 
dairoku 2023 12 ozash
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 o
 
 
金の襖の煌びやかなお座敷があります。
 
 
 
私はここで展示をさせていただきました。
 
 
 
 
dairoku 2023 12 oz
 
 
 
 
dairoku 2023 oza
 
 
 
 
dairoku 2023 12 ozas
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 yukimi
 
 
雪見障子から眺める雪景色。とても風情があります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 b
 
 
1階奥の間にはインドネシアの伝統的技法、蝋けつ染のジャワ更紗ブランド「BIN HOUSE」が並びます。
 
 
 
 
dairoku 2023 12 binh
 
 
 
dairoku 2023 12 bi
 
 
 
dairoku 2023 12 bin
 
↑ビンハウスの日本法人「BIN HOUSE JAPAN」の代表、菊池牧子さん
 
 
 
 
dairoku 2023 12 binhouse
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 g
 
 
2階、銀の襖の和室には私の拭き漆のお皿と
 
 
 
dairoku 2023 12 gi
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 gin
 
 
room. でお馴染み、津軽千代造窯の佐藤学くんの器が並びます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして2階はもうひと部屋
 
 
 
dairoku 2023 12 c
 
 
凸研(漆塗りグループ)の葛西彩子さんの作品と
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 casa
 
 
凸研の木村崇宏さんの津軽塗り作品が並びます。
 
 
 
dairoku 2023 12 casaico
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、今回のDMにも使われていた絵
 
 
dairoku 2023 12 ama
 
 
 
こちらを描いた彼岸花奇忌丸さん(ねぷた絵師)の絵画が飾られています。
 
 
 
dairoku 2023 12 higan
 
 
 
dairoku 2023 12 higanbana
 
 
 
dairoku 2023 23 amatai
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
12/1、2は移動式カフェの「のみものや わんど」さんと、青森産米粉使用のグルテンフリーの焼き菓子「Klich」さんも出店。
 
 
dairoku 2023 12 ido
 
 
 
 
dairoku 2023 12 nakayoshi
 
 
手淹れ珈琲や温かな飲み物は佐藤学作の津軽焼のカップで。焼き菓子は私作の小さなPlateでお出ししました。
 
 
 
 dairoku 2023 12 w
 
(写真左:のみものやわんどさん 写真右:焼き菓子のKlichさん)
 
 
並べている家具の好きな席に座って珈琲とお菓子を楽しんでいただけます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 ooishi
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 omake
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の展示会開催にあたっての裏話
 
 
以前よりBIN HOUSE JAPAN の菊池牧子さん(弘前出身)から「弘前で質の良い展示会を開催したいね」とお声がけをいただいていて
 
 
 
それから時は流れ流れて、いずれかーいつかはーなんて思ってはいたのですが
 
 
 
去年のちょうど今時期、忘年会みたいな席で漆作家でありギャラリーCASAICOのオーナーである葛西彩子さんもお誘いし
 
 
 
「来年、何がなんでも開催しよう!」という話になって宴は解散。
 
 
 
年末になると、それぞれ翌年のスケジュールはおおまかに決まっていたりなので
 
 
 
「まぁ来年は準備期間にして、再来年だね」と彩子さんとは話を勝手にしてはいました。
 
 
 
 
 
 
動きがあったのは年が明けて、、、夏が始まる頃
 
 
 
それまで何も動いてなかったのかい!と突っ込みどころは満載なのですが
 
 
 
やはりそれぞれに忙しく動き回っていたので年内の開催は無理だろうと思っていた矢先
 
 
 
菊池さんからのお声がけが・・・
 
 
 
「とにかく1回目を開催しないことには次が繋がらない。集客は二の次。やりましたってことを形として残さないと!」
 
 
 
そうです。その通り。さすが菊池さんだなと思いました。
 
 
 
 
 
 
無理矢理にでも開催する。それをスローガンに、会期、場所決め、タイトル、展示仲間、、諸々を一気に決めていきました。
 
 
 
勿論、その間にもそれぞれに本業はある訳で、中々苦労したことも多々ありましたが
 
 
 
なんとか年内に開催をすることができ、本当に良かったなと思っています。
 
 
 
 
 
 
仲間一人一人の力は勿論ですが、今回、場所を提供してくださった正伝寺さんには心から感謝いたします。
 
 
 
正伝寺さんは数多くのDAIROKU作品をお使いいただいている大切なお客様でもあります。
 
 
 
あの素晴らしい空間と手厚いサポートが無ければ、今回の展示は存在しなかった。
 
 
 
普段は一般に公開されていないお部屋も含めての展示。
 
 
 
会場の力はこんなにも大きいものなんだと実感しております。
 
 
 
正伝寺さん、誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 12 shodenji
 
 
 
『地球をたがやし宇宙とかたる』
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
 
 
津軽富士 岩木山からの恩恵を受けて生きている私たちは
 
 
 
その土地の力を存分にお借りし作品に仕立てていきます。
 
 
 
私たち作り手は、それを生業として生活させていただいているということ
 
 
 
津軽をルーツに持つ作家、青森産の、青森の工芸、持続可能な、SDGS。。。いろんな意味合いを込めて決めた今回の展示名『地球をたがやし宇宙とかたる』
 
 
 
今の私たちだからこそできる、地元青森の魅力発信
 
 
 
大都市には無い魅力がこの弘前、青森、地方にはあります。
 
 
 
 
これから定期的なイベントとして開催することで、いずれかは首都圏、そして海外からもここ弘前を目指して足を運んでいただきたいです。
 
 
 
↑前回のブログでも同じようなことをお話ししていましたね。
 
 
 
 
 
 
始まりが無ければ 次はやって来ない。
 
 
 
可能性がここにはあります。
 
 
 
長い目で種蒔きをしていこうと思ってます。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

青森愛

『room.s』、無事会期を終えることができました。
 
 
 
後半は雨と寒さの日が続きましたが、最終日は青空が広がりました。
 
 
 
今回は北海道の函館や岩手県盛岡など遠くからもご来場いただきました。
 
 
 
dairoku 2023 10 s
 
 
本当に沢山の方々に足をお運びいただき、大変感謝しております。
 
 
 
新たな試みにご協力いただいた東京在住のTOMY MADEさんに森田みほさんにもSpecial Thanks !!
 
 
 
 
dairoku 2023 10 h
 
 
次回はどうしようか?そんなことをもう既に学くんとは話しております。
 
 
 
たわわに実った真っ赤なりんご。青森らしい秋の景色に囲まれたDAIROKU 清水森工房庫。
 
 
 
同年代の作り手が今感じていること、それを表現できるような場所や環境
 
 
 
来場いただいたお客様にもゆったりくつろいで作品を感じていただけるような
 
 
 
 
 
地元の魅力、そして青森の素晴らしさを知ってもらいたい。
 
 
 
 
世界から青森を目指して来てほしい。いや、お越しいただきたい。
 
 
 
 
 
そんなことを漠然と考えてます。
 
 
 
 
 
 
2年ぶりの工房展になりましたが、改めまして。誠にありがとうございました!!
 
 
 
来年以降も展示継続できるように『room.』の活動はこれからも続きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 10 m
 
 
展示が終わってすぐ
 
 
 
dairoku 2023 makita
 
 
外に積んでいた薪を倉庫内に運び入れました。
 
 
 
 
dairoku 2023 10 ma
 
 
学くんにも手伝ってもらい
 
dairoku 2023 10 mak
 
 
 
dairoku 2023 10 maki
 
 
1日で終えることができました。
 
 
 
ひとりであれば数日かかるところ、やっぱり手が増えると早いものです。
 
 
 
とは言え、勢いに乗りすぎて翌日は筋肉痛でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
季節外れの暖かさがあった今月始め
 
 
 
dairoku 2023 11 s
 
 
県内ですが久々に遠出して七戸町へ
 
 
 
 
dairoku 2023 11 sh
 
 
子もtシャツで丁度いいくらいの気持ち良い気候でした。
 
 
 
 
dairoku 2023 11 shi
 
 
 
dairoku 2023 11 shichi
 
 
北の国からの世界が大好きな私も思わず、またがってしまってます。
 
 
 
楽しい休日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
仕事も勿論。
 
 
dairoku 2023 11 cut
 
 
カツラ、ヤマザクラ、オニグルミ、ホオのカッティングボード
 
 
dairoku 2023 11 cutting
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 11 dish
 
 
オニグルミの皿、ナラのDish ruck、ヤマザクラのフォーク等
 
 
 
 
小物を中心に作っていました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 11 k
 
 
青森市のお蕎麦屋「五代目カネ〆柿崎」さん
 
 
 
 
かれこれ21年前に父を含めた弘前の木工家数名で、店内の家具を作りました。
 
 
 
dairoku 2023 11 ka
 
 
21年前なんて、私はまだ東京で働いていた頃。
 
 
 
時を経て、まさかこうして私の元にご依頼が来るなんて。ありがたすぎます。
 
 
 
 
dairoku 2023 11 kak
 
 
今回のご依頼は、その当時から小上がり席で使っている座卓2台をテーブルにしてほしいという内容でした。
 
 
 
 
なるべくシンプルに。
 
 
 
このまま座卓としても使っていただきたい。
 
 
 
その思いで
 
 
 
dairoku 2023 11 kaki
 
 
 
dairoku 2023 11 kakiz
 
 
 
dairoku 2023 11 Kakizaki
 
 
組み立て式の脚にそのまま座卓を載せるだけのスタイルにしました。
 
 
 
集成材と無垢材を使用しています。
 
 
 
ボックス型の黒色がまた格好良い感じで仕上がりました。
 
 
 
 
 
dairoku 2023 11 kakizaki
 
 
お喜びいただけて何よりです。
 
 
 
 
これからも沢山の方々の笑顔と胃袋を見届けていただきたいです。
 
 
 
美味しいお料理とお酒が沢山の柿崎さん。皆様も青森市に行かれましたら是非!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今年最後の展示会のお知らせをひとつ
 
 
 
dairoku 2023 11 c
 
 
「地球をたがやし 宇宙とかたる」
 
 
 
なんとも斬新なタイトルですが、開催場所も斬新です。
 
 
 
 
dairoku 2023 11 c to
 
 
弘前市、禅林街の正伝寺さんで開催します。
 
 
 
一応お知らせしておきますが、宗教的なイベントでは全くございませんのでご安心を!
 
 
 
津軽をベースにした作り手とインドネシアのジャワ更紗の展示です。
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 11 c to u
 
 
こちらも新たな試み、岩木山から力を貰って頑張ります。
 
 
 
皆様、是非!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2023 11 shimizu
 
 
数日前の清水森工房庫
 
 
 
dairoku 2023 shimizumori autamn
 
 
 
 
dairoku 2023 11 bi
 
 
色づきが半端なく美しい。
 
 
 
 
dairoku 2023 11 momiji
 
 
 
雪の便りももうすぐか。
 
 
 
皆様、どうぞご自愛くださいませ。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

展示会のお知らせ

『地球をたがやし宇宙とかたる』
11/30(木)-12/2(土) 10:00-16:00
薬王山正伝寺
青森県弘前市西茂森1-9-1

コメント/トラックバック(0) |

アメニモマケズ

『room.s」、昨日より後半スタートしました。
 
 
 
天気予報では、会期後半はずっと雨予報。
 
 
 
しかも気温も上がらず、寒い。。ということでしたが
 
 
 
予報通り、昨日は雨。というか大雨で、、、、
 
 
 
それにもかかわらず、お越しいただいたお客様には本当に感謝でございます。
 
 
 
 
 
 
会場内の様子、ご紹介いたしますね。
 
 
 
dairoku 2023 10 room k
 
 
 
dairoku 2023 10 kaun
 
 
 
dairoku 2023 10 gaku
 
 
 
dairoku 2023 10 ken
 
 
 
dairoku 2023 10 room s
 
 
 
dairoku 2023 10 room se
 
 
 
dairoku 2023 10 room set
 
 
 
dairoku 2023 10 ma
 
 
 
dairoku 2023 10 rs
 
 
 
dairoku 2023 10 rss
 
 
 
dairoku 2023 10 ka
 
 
 
 
 
 
ザザッとこんな感じです。
 
 
 
清水森工房庫周辺の林檎園は赤く色づいた林檎たちが、たわわに実っていてそれはそれは美しい津軽の景色です。
 
 
 
 
 
 
工房庫内は暖房設備がないので、暖かな服装でお越しください。
 
 
 
温かい珈琲を淹れて皆様のお越しをお待ちいたしております!
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |