出店のお知らせ

『room. visit to Hakodate』
5/30(月)〜6/5(日) 10:00〜20:00
※最終日18:00まで
函館蔦屋書店
北海道函館市石川町85-1

コメント/トラックバック(0) |

Spring has come

4月です。
 
 
 
春ですね〜
 
 
 
ようやくここ弘前にも春がやってきましたよ〜 ♪
 
 
 
dairoku 2022 4 kurokkasu
 
クロッカスの花も咲いてます。
 
 
 
 
 
dairoku 2022 4 yukidoke
 
あれだけあった雪も消えました〜!
 
 
 
 
 
dairoku 2022 4 yukido
 
ちなみにこちらは10日前の3月31日に撮影。
 
 
 
太陽の力は凄いですね。
 
 
 
 
 
それでも一昨日くらいには夜に雪が降ったり
 
 
 
三寒四温の日々ですが、一歩一歩春に近づいていってます。
 
 
 
今日は温かくて、ジャンパー要らず。
 
 
 
もう気分が違います。軽快な感じで明るい気持ちになる。
 
 
 
花粉症の妻はめちゃくちゃ大変そうですが・・・
 
 
 
それを横目に外で作業する私。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先日まで春休みだった子どもたち。
 
 
 
我が家では長女も無事に高校合格し、昨日から学校生活が始まりました。
 
 
 
 
 
dairoku 2022 4 run
 
春休み中は朝から次男のランニングに付き合って
 
 
dairoku 2022 4 running
 
私は自転車で追いかけてます。
 
 
 
 
 
dairoku 2022 4 haruyasumi
 
監視しないと宿題が進まないので、工房でやらせたり
 
 
 
 
なんだかんだで騒がしい休みは過ぎていき
 
 
 
 
新学期が始まって、親たちの気持ちもスッキリです。
 
 
 
 
 
まだ4月ですが、夏休みもすぐにやって来そうな気配がもうしてる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
dairoku 2022 4 kansei
 
 
最近の仕事
 
 
オーダーも含めて制作していました。
 
 
 
 
 
来週は展示会『春の舎』が始まります。
 
 
 
4/12(火)〜4/14(木) 弘前市藤田記念庭園内 考古館2F(匠館ギャラリー)
 
 
 
よろしくお願いいたします。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |

展示会のお知らせ

『春の舎』
4/12(火)〜14(木)
10:00〜16:00
弘前藤田記念庭園内 匠館ギャラリー
青森県弘前市上白金町8-1
tel/0172-36-6505

コメント/トラックバック(0) |

展示会のお知らせ

『SNOW vol.2』
3/18(金)〜21(月)
10:00〜19:00 ※最終日18:00まで
弘前駅前ショッピングモールヒロロ
青森県弘前市駅前町9-20
tel/0172-35-0123

コメント/トラックバック(0) |

雨と鞭

街中の除雪も進み、だいぶ春めいてきたかと思った矢先
 
 
 
また大寒波が訪れ、数日降り続いた雪。。
 
 
 
その量は今季一番だったと思うってくらいの。
 
 
 
ということで今週は再び、、ひたすら雪掻きをしていました。
 
 
 
飴と鞭。
 
 
 
一日一歩、三日で三歩
 
 
 
三歩進んで二歩下がる。
 
 
 
休まないで歩けということだろう。
 
 
 
dairoku 2022 2 saigo
 
清水森工房庫の窓も埋まってます。
 
 
dairoku 2022 2 Saigon
 
 
 
dairoku 2022 2 saigoo
 
雪の回廊も出来ました。
 
 
 
冬将軍の最後の悪あがきだと思って付き合ってあげましたが
 
 
 
もうこれが最後にしてほしい。
 
 
 
とはいえ今日は10度近くまで気温が上がるという極端な天気。
 
 
 
ツンデレ天気というべきか
 
 
 
何年かに一度は訪れる大雪の年。今季はそれの当たり年。
 
 
 
冬を振り返りながら、来季は適度な降雪でありますようにと願います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の仕事はスツールを作ってました。
 
dairoku 2022 2 stools
 
先月作った三脚と合わせて。
 
 
 
これからに向けて色々作ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年作っていた折織。漆塗りを経て戻ってきました。
 
 
dairoku 2022 2 oshikiii
 
 
dairoku 2022 2 oshi
 
 
 
dairoku 2022 2 oshik
 
 
黒い漆がかなりかっこいい。
 
 
 
今回の塗りは漆作家の葛西彩子さんにお願いしました。→ casaico
 
 
 
dairoku 2022 2 hatsuri
 
表面の刃物の削りあと『ハツリ仕上げ』
 
 
 
使っていくごとに擦れていく。その過程、その変化を経年美として楽しんでいただきたいです。
 
 
 
 
 
dairoku 2022 2 oshikii
 
サイズは大中小。
 
 
dairoku 2022 2 oshikiki
 
大は400mm×400mm。
 
 
 
大きめな一人膳として、好きなお皿たちで楽しむのも良し。
 
 
 
 
 
dairoku 2022 2 oshikishiki
 
雛祭りも近いので 森田みほさんのお皿を載せて
 
 
 
 
 
dairoku 2022 2 oshiki ringo
 
勿論、漆器なので直接お刺身やお寿司、お料理を載せて楽しんでいただけます。
 
 
 
使用後はスポンジと食器用洗剤で普通に洗えます。
 
 
dairoku 2022 2 osi
 
光の具合で真っ黒くも焦茶にも見える。
 
 
 
ふわりと浮いた少しだけ高さがある折織
 
 
 
いつもの食卓がより贅沢な雰囲気に。
 
 
 
 
近々の展示会でお披露目いたします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雨が降って雪がとける
 
 
 
春を待ちわびる
 
 
 
季節のうつろいを感じることができる
 
 
 
そんなあたりまえのことが
 
 
 
どれだけありがたく幸せなことだろうって思います。
 
 
 

コメント/トラックバック(0) |