旅立ち

 
 
 
ご報告
 
 
 
12月27日、かねてより 病気療養中の 父 大湯浩之が59歳で永眠致しました。
 
 
 
 
 
約3年前に胃癌を患い、胃の全摘出手術をし
 
 
その後 元気な親父に戻りましたが、
 
 
 
今年8月、癌の再発が見つかり 治療しておりました。
 
 
 
 
 
とてつもなくパワフルでエネルギッシュな父
 
 
懸命に生きぬきました。
 
 
 
 
 
心に思い、皆様にもお伝えしたいことは山ほどありますが
 
 
多く語らず、ご報告させていただきます。
 
 
 
 
 
 
最後の最後まで、親父として 師匠として
 
 
私に 多くのことを教えてくれました。
 
 
 
 
 
 
 
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
 
 
 
父が残してくれた 多くのものに
 
 
 
そして、
 
 
何よりも 人と人との繋がり
 
 
 
これを大切に受け取り、精一杯頑張って行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
親父、あとは任せろ!
 
 
 
 
 
 
 
新たな種、俺なりに蒔いてDAIROKUを築いていくよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
今まで 本当にお疲れ様。
 
 
 
 
 
 
親父の技は、俺の手の中に残っているから。
 
 
 
 
 
ゆっくり休んでください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
DAIROKU   大湯 浩之
(撮影 : 2014,7,3 )
 
 
 
 
 
 
以上、ご報告でした。
 
 
 

| コメント/トラックバック(0) |

No comments yet.

Leave a comment

最近のコメント